ALL

セミオーダー結婚指輪のご紹介

2022-05-10

1,はじめに

突然ですが、ブライダルリングをお探しの方はどのような点に注目して探されていますか?
ブライダル市場ではTPOを選ばないことや歪みにくく強い素材というイメージから女性男性ともにプラチナで作られたものが定番とされており、シンプルでクラシカルなリングが多く見られます。
毎日、そして永く使うものですので、シンプルで飽きのこないデザインが好まれる傾向があるかと思います。
このような定番のブライダルリングがある一方で、他の人と被らないこだわりがつまった結婚指輪を探している方も増えています。
janukaでは、シンプルなデザインの中に独自のポイントを加えたブライダルシリーズを展開。プラチナ900と4色の18金から金属をお選びいただき、さらにリングアームの太さや磨きの仕上げなどをカスタムオーダーすることができ、お二人のこだわりを反映したリングに仕上げることができます。
個性が光るデザインをお探しの方はぜひ一度ご覧ください。

2,カスタム(セミオーダー)について

janukaのブライダルリングは、使用する金属の種類や太さを自由に組み合わせてセミオーダーで制作できます。

color

//金属の種類//

定番のプラチナはもちろん、めずらしいシャンパンゴールド(K18)など5種類からお選びいただけます。
シャンパンゴールドは銀色でも金色でもない中間色で、さりげなく肌になじむ人気の色味です。

texture

//金属のテクスチャー//

マット(左)とツヤ(右)の2種類のテクスチャーからお選びいただけます。
マットはしっとりと落ち着いた印象で、ツヤは華やかな印象のリングに仕上がります。

wide

//アームの太さ//

シリーズによってそれぞれ選べる太さが決まっています。
2~5種類の規格をご用意。着け心地やご自身の手の大きさとのバランスを考慮し、しっくりくる1本を探すことができます。

上記の「金属の種類」「金属のテクスチャー」「アームの太さ」を掛け合わせることで、多数のバリエーションからご選択いただけます。

3,シミュレーションの作り方

ご希望のバリエーションを実際にご覧いただくのが一番ですが、あまりに多くのバリエーションとなるためご希望のサンプルがご用意できないことも多々ございます。 そのため、どんなリングが制作できるのか、シミュレーションイメージを作成できるページをご用意しています。

オンラインショップのブライダルページからシミュレーションを作成し、ご希望のデザインをご検討くださいませ。 オンラインショップページ >>

4,ブライダルシリーズ紹介

//V ring//

プレーンな丸線のリングアームに切れ込みを入れ、内側に異なる金属を這わせています。切り込み部分はV字状カットし、着けた時に石が入っているように見えるデザインです。 Vring シミュレーションを作成する >>

//U ring//

上記のVringのU字バージョン。こちらもプレーンな丸線のリングアームにU字状の切れ込みを入れて、内側に異なる金属を這わせています。 Uring シミュレーションを作成する >>

//Y ring//

一見シンプルなリングですが、内側のカーブを従来のデザインよりも高くすることで、アーム全体が少し浮いているようなフォルムに仕上げています。 Yring シミュレーションを作成する >>

//Annual ring//

「木の年輪」と名付けた、年月の積み重ねを形にしたシリーズ。 素材や形状の異なるさまざまな細いリングを一本ずつ結婚や出産、などの人生の節目や記念のタイミングに買い足して積み上げていくという、人生の歩みとともに完成させていくリングです。 Annual ring シミュレーションを作成する >>

5,さいごに

数あるブライダルリングの中からベストなものを探すことはとても大変です。
特にカスタムをご希望される方にも気軽にオンライン上でご検討いただけるようにシミュレーションページを作成いたしました。
実際の色味など実物もご覧になりたいという方はお気軽にご来店ください。